FAQ よくある質問

FAQ / スプリット

スプリット

スプリットとは
スプリットを設定すると、楽曲の販売収益の自動分配ができます(各アカウント残高へ計上されます)。 オーナーがスプリットを設定するとコラボレーターへスプリットオファーが送られ、承諾期限(1週間)内に全員が承諾するとスプリット設定がスプリット開始月に開始されます。 ただし、利用者はsprayerのアカウントを持っている必要がございます。 アカウント作成はこちら
スプリット内容を変更したい
基本的にスプリット内容の変更は承っておりません。承諾もしくは拒否をしていないコラボレーターが1人でもいる状態であれば、承諾待ち期間内に変更いただけます。変更した場合は、既に承諾済みのコラボレーターにも再度承諾してもらう必要があります。
スプリットがキャンセルされてしまいました
スプリットがキャンセルされるケースは次の通りです。

オーナーがキャンセルした場合
いずれかのコラボレーターが拒否した場合
承諾期限(1週間)内に設定が完了しなかった場合

スプリットがキャンセルされてしまった場合でも、オーナーは再度設定することが可能です。
コラボレーターは何人まで登録できますか?
コラボレーターは最大99人まで登録可能です。
他のコラボレーターの収益分配率も見たい
自分がコラボレーターの場合、オーナーや他のコラボレーターの収益分配率はご覧いただけません。オーナーのみ、全てのコラボレーターの収益分配率をご覧いただけます。
スプリット設定済みのリリースを配信停止するとどうなりますか?
自動的にスプリットによる分配が停止されます。配信停止されたリリースを再度配信した場合は、再度スプリットを設定する必要があります。
コラボレーターがアカウントを退会した場合、スプリット設定はどうなりますか?
スプリット確定後にコラボレーターがアカウントを退会した場合、オーナーへメールで通達されます。退会したコラボレーターの収益分配率は、自動的にすべてオーナーに加算されます。