ルナ・モス - らぴおぴ

ルナ・モス

らぴおぴ

らぴおぴの第3作目は、初めて初音ミクを用いた淡くも切ないメロディーが清冽な空間系のサウンドと交錯し、ドラムンベースのリズムが鮮やかなコントラストを描くボーカロイド曲です。 この楽曲は愛と絶望、希望と終焉が織り成す矛盾と葛藤の世界を表現しています。 自らが置かれた理不尽で希望もない環境の中、全てがどうでもよく、世界が終わることにさ...

プロモーションビデオ

トラックリスト

  1. ルナ・モス

    らぴおぴ

©2020 Rapiopi

レコメンドコメント

(0件)

ルナ・モス

らぴおぴ

アーティスト情報

らぴおぴ

らぴおぴ

Vocaloid producer, "Rapiopi," primarily works with Vocaloids such as Hatsune Miku, Kagamine Rin, and KAFU.
ボカロP ” らぴおぴ ”(Rapiopi) 使用ボーカロイド:初音ミク、鏡音リン、可不

https://beacons.ai/rapiopi

ルナ・モス

らぴおぴ

作品説明


らぴおぴの第3作目は、初めて初音ミクを用いた淡くも切ないメロディーが清冽な空間系のサウンドと交錯し、ドラムンベースのリズムが鮮やかなコントラストを描くボーカロイド曲です。 この楽曲は愛と絶望、希望と終焉が織り成す矛盾と葛藤の世界を表現しています。 自らが置かれた理不尽で希望もない環境の中、全てがどうでもよく、世界が終わることにさえ悲しみを感じなかった主人公が、心を満たし、理解してくれる相手と出会った事によって初めて自分自身を、そして大切な人が居る世界を愛おしく感じるようになる。実際に終末を迎えようとする世界で、荒廃と絶望が蔓廃し、希望は薄っすらとした太陽の光を通して見えるだけの状況で、主人公は最後にして初めての大切な感情に出会ってしまう。