season6.1

camp

生きていくうえで、人はときおりキャパシティーをオーバーしては大なり小なり声を出します。それは叫び声であったり、ぼやきであったり。鬱屈した気持ちが口からアウトプットされるとき、ほのかにプラスに変換される瞬間といえましょう。CAMPのseason6はそんな人達を代弁するアルバムです。 今作はウッドベースにゴッサム団長の団長さんを招き、...

配信ストア

トラックリスト

  1. 谷口

    camp

  2. キャパオーバーフォーミー

    camp

  3. エンドレスホリデイ

    camp

  4. モンタージュ

    camp

  5. グラッパ

    camp

©2024 camp

レコメンドコメント

(0件)

谷口

camp

アーティスト情報

camp

活動エリア 東京・下北沢・高円寺

campは、ギター・ピアニカ・ベース・ドラムの四人編成。ポップなメロディーと声が特徴だ。また歌詞に夜の描写が多く、人のネガティブな側面を題材にしている。心に傷をおった人々に共感を得ている。
影響を受けたアーティストは、
the clash,La’s,VASELINS,16tons,theピーズ,そして数々のアニメソング。

活動拠点は東京。
ライブハウスよりもバースペースやイレギュラーな場所での演奏を選ぶことが多い。
2019年には都電荒川線(現さくらトラム)の動く車内でのライブを完遂。オーディエンスと共に終着地三ノ輪の居酒屋でゴールする。


CAMP is a four-person group consisting of guitar, pianica, bass, and drums. It is characterized by its pop melody and voice. Also, the lyrics often describe the night, and they focus on the negative aspects of people. I feel sympathy for people who have been hurt emotionally.
Artists who have been influenced by
the clash, La’s, VASELINS, 16tons, the Peas, and many anime songs.

The activity base is Tokyo.
They often choose to perform at bar spaces or irregular locations rather than live houses.
In 2019, they completed a live performance inside a moving train on the Toden Arakawa Line (currently Sakura Tram). Together with the audience, they will reach the finish line at a pub in Minowa.

谷口

camp

作品説明

生きていくうえで、人はときおりキャパシティーをオーバーしては大なり小なり声を出します。それは叫び声であったり、ぼやきであったり。鬱屈した気持ちが口からアウトプットされるとき、ほのかにプラスに変換される瞬間といえましょう。CAMPのseason6はそんな人達を代弁するアルバムです。
今作はウッドベースにゴッサム団長の団長さんを招き、アコースティックなアンサンブルがさらに土臭くなってリリースを迎えました。CAMPの新境地となる1枚です。season6.1で前半5曲、そして半年後season6.2で後半の曲が追加リリースされる予定です。